その辛さの原因は、ねこ背巻き肩かもしれません。

その頭痛やひどい首肩コリの原因はねこ背巻き肩かもしれません。

ねこ背巻き肩を正常な姿勢に戻すことで、ほとんどの緊張型頭痛・首肩のコリが解消します。

21世紀型のねこ背とは?

以前はねこ背と言えば、背骨が曲がっている状態で、縦方向の弯曲をイメージしますが、21世紀型のねこ背は、長時間のデスクワークやスマホ操作などで、肩が前に出ている状態になり、縦方向の弯曲に加えて、さらに横方向の弯曲があり複雑です。

 

ねこ背巻き肩はこうして出来上がる。

第1段階

~重たい頭が前に倒れて首の骨が真っすぐになる~(ストレートネック状態)

第2段階

~巻き肩になって横方向が弯曲し、胸が狭くなる~

第3段階

~背中が後ろに引けて縦方向が弯曲し、背骨が丸くなる~

第4段階

~骨盤が後方に傾き、下腹部が前に出る~

 

こんな症状でお悩みではありませんか?

ねこ背巻き肩からくる頭痛や首肩のコリ

  • 肩関節の前方変位が見られる。いわゆる巻き肩。
  • 首から背中が丸まる。いわゆる猫背。
  • 肩首のコリがひどい。
  • 頭痛が起こる。
  • 呼吸が浅い。
  • 咳が長期間、止まらない。
  • 指先を過剰に使う職業や趣味をしている。
  • 眼精疲労が起こっている。
  • 眠りが浅くスッキリしない。
  • 肩を回すとゴリゴリ音がする。
  • 胸骨周辺靭帯の硬化。
  • 頭痛で思うように実力が出ない。
  • 鎮痛剤が手放せない
  • 眠い、だるい、動きたくない

緊張型頭痛・首肩コリの原因
「ねこ背巻き肩」

ねこ背巻き肩による身体への悪影響

巻き肩

ねこ背巻き肩は、首肩コリの原因になります。さらに、胸部を圧迫する姿勢が慢性的な酸素不足を招き、頭痛、イライラやクヨクヨ、咳の長期化が起こりやすくなります。また、細胞が衰えて疲労が取れづらくなり、老化が促進されます。家事・育児といった前かがみの体勢が続く方、手元作業の多い方のみならず、生活上必須となったスマホやパソコンの使用を繰り返すことによってねこ背(縦の弯曲)になります。そして、起きている時だけではなく、寝ている間にも体に合わない高さの枕を使用していると、巻き肩(横の弯曲)になります。枕の高さが体に合っていないと寝姿勢が巻き肩の原因となり、肩が前方に巻き込んでしまいます。

湘南いけがみ整骨院は次の様な特徴があります。

オーダーメイドな施術プランと頭痛・首肩コリの根本原因にアプローチ

最初に、どんな時に痛むのか、どんなことに困っているのか、些細なことでもお話しください。
丁寧にお聞きした後、お体全体の状態を確認させていただき、早期緩和を目指した施術を提案します。
特定された原因に対して、痛みの癖や個性を把握し、頭痛・首肩コリの原因とされるねこ背巻き肩を患者様の症状に合わせて根本解決してまいります。ねこ背巻き肩をしっかりと解消することで、頭痛・首肩コリといったお悩みの症状も改善いたします。
施術後に、頚椎の形状や就寝時の姿勢などをお聞きし、最適な枕の高さをアドバイスする事も可能です。

相談

ご予約方法

自費診療及び交通事故治療の患者様はご予約をお取りいただけますので、お待たせさせません。
電話はもちろんパソコン、携帯電話、スマホからもご予約いただけます。
空いていれば直前の予約も可能ですので、長時間待つことのないよう、予約での診療をおススメします。

お電話でのご予約は

046-876-8666
インターネットでのご予約はこちら

各種お問い合わせはこちらから

問い合わせフォームへ