湘南いけがみ通信

アウトプットへのステップ

3月20日 2019年

現代は情報が溢れ出ていて、インプット過多の時代です。

スマホやテレビ、新聞、雑誌、そして書籍。

割と本を良く読む方ですが、いままでは読んで終わり。

まったく実践を伴っていませんでしたが。

 

この本で読んだだけでは身につかないことが判明しました!

大事なことを教えてくれたのは、精神科医の樺沢先生著『アウトプット大全』。

 

入力より、むしろ出力が大事。

10冊読んでも、行動が伴わなければ結果は何も変わらない。

読む量を減らしても、読んだ分以上に出力すること。

 

読んだら3回出力すると、記憶に定着しやすいそうです。

 

一冊読んだら、周りに話す。ノートにメモする。ブログに書き込む。

 

 

一般的にはほぼインプット過多。

電車に乗れば、周りはその通りですね。

 

アウトプットが習慣化しているのは数%の方ではないでしょうか。

 

いままで数え切れない程の、

自己啓発書を読みましたが、

変わらない理由はこれだったのか!

 

この作業を繰り返していくと、

ライティングスキルも磨かれます。

 

いまは始めて間もなく、稚拙な文章ですが、

数年経ち、読み返した時に、

『文章力上がったな』と思いたい。

 

ぜひ身につけたいスキルですね。

 

明日は休診。

ジムでスピードラン。

今日も頑張ったなと思えるよう、出し惜しみない治療を。。。