湘南いけがみ通信

忘れない読書術へのステップ

3月27日 2019年

今まで沢山のビジネス書籍を読んだつもりでしたが、

ほぼ読んで終わり。

身につかない読書では意味がないのではないか。

そんな疑問がスッキリ解消した一冊でした。

 

最近読んだ、『読んだら忘れない読書術』

 

記憶に残すには記録に残す。

 

記憶に残すには話す。書く。関連付ける。

3回出力すると、記憶に残るようです。

 

著者である精神科医の樺沢先生は、読んだ本、観た映画、食べた食事。

普段の生活をほぼアウトプットしています。

 

直ぐ真似するにはハードルが高いですが、

伝える前提で本を読むと、

確かに読み方が変わります。

 

身につく読み方。

ぜひ身につけたい習慣ですね。