湘南いけがみ通信

何もしない時間へのステップ

4月22日 2019年

せっかちな性格ではありませんが、

普段はあまりゆとりがない生活をしています。

風呂でも読書。

外出時は必ず手帳と本を持参。

 

しかし。。。

何も考えない時間を意識的に確保することは重要です。

突然良いアイデアが降ってきたり。

 

本を読んだり、テレビを見たりしている時間には、

視覚的、聴覚的に情報が入力されているため、

考え事には集中できませんし、

アイデアを思いつくことはあまり無いと思います。

 

織田信長も毎日、馬に乗って無になり、朝駆けをしていて、

帰って来た時に、決めたことを実行に移していたそうです。

信長にとってはアイデアと決断のための時間だったようです。

 

考え事をする時間やアイデアを練る時間を確保することは大事ですが、

何もしない時間を確保することも大事な時間です。

 

今日は久しぶりに近所の銭湯に行き、

Run後のストレッチと温冷浴。

そして壁画を見てぼーっとしました。

 

余程の予定がない限り、

Runで身体を適度に疲れさせて、

風呂やマッサージでリフレッシュ。

 

また、明日から良い仕事をするための刃を研ぐ時間。

 

身体が疲れていたり、悩みがあっては良い仕事ができません。

体調管理やメンタル管理は、

長い目で見れば、仕事以上に重要ですね。

 

なかなか実践できていないのですが、

マインドフルネスを再開して、

心身を充実させる必要性を感じます。

 

技術が治すのではなく、人が治す。

一生を掛けるほどの大きいテーマですね。