湘南いけがみ通信

技術より人間を磨くステップ

5月1日 2019年

松井秀喜さん出身の高校野球で有名な星稜高校。

その中学校もまた、全国的に強豪校ですが、

その監督の話が、印象に残りました。

 

試合で勝つためには技術はもちろん、集中力が不可欠だと思っています。

その集中力を鍛えるには練習以外の時間が重要です。

生徒にはよく、『自然とゴミを拾う』、『ご先祖様の墓参りをする』、『道具や物を大切に扱う』。

このような日頃の人間性が、必ず野球に比例すると伝えています。

 

下手でも真面目にコツコツと努力し続ける者に、最後は運が巡ってくるのです。

そのような者に代打を送ると、ヒットを打つことが多くあるそうです。

 

僅差の勝負を決するのは、日常生活の中で、どれだけ徳を積み、目に見えない大自然の力を味方につけるか。

 

 

高校球児たちも、卒後ずっと野球にかかわるわけではありません。

大事なのは、野球を通じて人間性を磨くこと。

 

 

陰徳を積むことは容易ではありません。

ゴールがあるわけでもなく、

見返りがない善意を続ける。

 

GW後半は、妻の父方の先祖に挨拶をしに行くことにしました。

先祖なくして今はなし。

近隣にツツジの名勝があるので、花見も楽しみです。