湘南いけがみ通信

女将さんへのステップ

5月6日 2019年

先日は妻と逗子ハイク。

 

患者様に頂いたパンフを手に3時間半ほどの逗子歩き。

午前中の15kmジョグ後だったので、最後は脚が張ってきました。

 

鎌倉時代に造られた名越え切り通しから、

逗子マリーナと披露山の公園を経て、逗子駅前の寿司屋へ。

途中、葉山の海がとても良く見えていました。

 

切り盛りしている女将さんらしき方の接客姿勢が勉強になります。

気配り、目配り、対応の良さ。

東京から来たらしい、一見さんとも話し込んでいます。

カウンターに座る、常連さんへの接遇を一番大事にしています。

私達の見送りも店の外まで。

とにかく笑顔で元気。

 

もちろんお寿司も最高でしたが、

お店の愛と一生懸命さが伝わり、

とても良い気分で店を出ました。

 

飲食店でさえ、美味しさより印象。

 

 

私の仕事は、皮膚の触覚と深部感覚への刺激。

 

その刺激をさらに磨くことが大事ですが、

気持ちよくお帰りになっていただくことがさらに大事。

外に出ると勉強になりますね。

また接客を受けに行きたい、応援したいお店でした。

 

 

そして私達もまた、皆様の応援で成り立っています。

 

休暇後に、休みボケと思われないよう、

今日から助走のため、

これから妻に手技を受けてもらいます。