湘南いけがみ通信

走ることについて語るステップ

6月23日 2019年

昨日は梅を購入し、梅干しと梅酒の仕込み。

今年は8%梅干しにチャレンジ。

徐々に減塩化。

割と良い梅を購入したので失敗はできません。

 

梅酒は氷砂糖を100gにして辛口仕込み。

出来上がりには時間が掛かりますが、3年後の仕上がりが楽しみ。

 

どちらも時間の経過とともに、熟成されて味わいを増していく。

価値のあるものは、短時間ではできません。

 

 

今週読んだ書籍で秀逸なのは、村上春樹著、

『走ることについて語るときに僕の語ること』

いかにも村上さんらしい、長く、しかし正確な題名です。

 

もともと著者のファンでもあり、

作品はほぼ全て読んでいます。

この作品も以前読んでいましたが、

今回はより深く読み込めました。

 

作家なので、マラソンの良さや走っている時の気持ちなど、

人に聞かれても答えにくい気持ちを、言語化することについて、

しっくりと腑に落ちて、同感できます。

マラソンを通して、著者の哲学がギュッと詰まっている、

この先、何度も読み返すことになりそうなので、

人生の20冊に殿堂入りしました。

 

 

『痛みは避けがたいが、苦しみはオプショナル』

キツイ思いは避けがたいが、苦しいと思うかどうかは自分次第。

そのような意味です。

 

この言葉はマラソンに限りません。

一見、不運な事実が発生した場合でも、

受け取り方は自分次第。

 

感情をコントロールして、受け止める。受け流す。

よい歳をした男としての大きな望みですが。。。

人間力を高めて、

器量を大きくするための道程は遠いですね。。。