湘南いけがみ通信

コモリングへのステップ

10月30日 2019年

今日は午後Runの予定を変更して、

自室でゆっくり来年の計画を策定。

 

できればホテルで一晩考える。

それができなければ、ファミレスや自室で一人静かに思考を巡らせる。

その行為をコモリングと呼んでいます。

 

毎年この時期は、新しい手帳を買って、

来年の計画を練っています。

真っ白な予定表が埋めていくのは楽しい作業。

ビジネスの数値目標や、

プライベートの目標を決めて書き込み。

 

ビジネスの目標は年単位ですが、

大きな旅行や登山計画も、

今年の内に決めておき、徐々に遠くへ、

徐々に高い山岳へ。

百名山を中心に、夫婦共通の趣味として、

いまは細くても続けることを大事に。

 

引退すると、自分時間が飛躍的に多くなるので、

その時こそ、いままで細く長く続けていた趣味や活動に、

多くの時間を費やし、人生を充実したものにできると思います。

 

今週の書籍は京セラの創業者、稲盛和夫氏の『心』。

いつも学んでいるセミナー講師オススメの書籍です。

 

人生は仕事をするためだけにあるのではなく。

人生の目的や、人として大事なこと意識を持つ。

やりたいこと、やるべきことを決めて、未来の一点に進むこと。

そんなことを自問自答する必要があることに気づきました。

 

簡単に見つかることではないので、

数年単位の大きな決め事になりますが。

 

大きな時間がないと、そして意識しないと、

人生のテーマを決めることができません。

 

自利と利他のバランスが重要ですが、

年齢と共に、

バランスの比重も変わってくるのかも知れません。

 

 

今週末は久しぶりの登山で、奥秩父の百名山へ。

紅葉と秋晴れが期待できそうです。