湘南いけがみ通信

モチベーションを上げるステップ

12月14日 2019年

本日は午前診療、午後Run。

この時期の夜Runはかなり寒いので、

最近はジムRunで汗を流しています。

 

先日のフルマラソンのダメージが抜けず、

今週も脚が少し重い感覚。

持っている体力を出し切ったことで、

体力以上に、心の燃え尽き感が残っていました。

誰しもバーンアウトは起こることですが、

より高い目標があれば、現位置に早く戻れそうです。

 

そんな時には、休息して気持ちが上がってくるを待つのも一つですが、

今回は2冊の書籍を購入しました。

 

一つはRun雑誌。

雑誌は情報としての役割。

この時期に合わせた情報を提供してくれます。

3月の大会の向けてのトレーニングや、疲労回復方法など。

人の悩みは共通する部分が多いため、

どのような悩みでも、ほぼ書籍に答えがあると思います。

 

もう一つはRun書籍。

製本してある書籍は知識としての役割。

この書籍は、国立の筑波大学を26年ぶりに箱根駅伝に導いた監督が出版したランニングの技術本。

スポーツ推薦のない国立大学が常連校とどれだけ戦えるのか。

箱根駅伝の楽しみが一つ増えました。

 

現役指導者が教える練習方法や思考を学べるのはとても楽しみ。

明日は年内の宿題と本書に費やすことになりそうです。