湘南いけがみ通信

エアロバイクへのステップ

2月8日 2020年

今日は午前診療後、午後はペース走10km。

そして自宅でエアロバイク練習。

 

コツコツ貯めたお小遣いで、

ついに。

妻の許しを得て、エアロバイクを購入しました。

 

・ランニングとの組み合わせ練習として。

・最大酸素摂取量及び最大心拍数の向上のため。

・雨天時の練習として。

・タバタ式で心肺を追い込むため。

・そして、ランニング着地時の衝撃を回避する手段として。

 

エアロバイクは患部に負担を掛けずに、

心肺機能と脚持久力を向上させることができます。

 

唯一の欠点は。

 

すごくつまらないというか、かなり飽きます。

 

よって、ダラダラとペダルを漕がずに、

今日はタバタ式で一気に追い込んで終了。

 

 

今季は終盤に入りますが、

来季に向けて強力な身体機能強化のツールです。

 

マシンがあれば、わざわざジムに行くこともなく、

時短とトレーニングの効率化。

 

もうエイジシュートが達成できない理由がありません。

 

 

少し高めの目標を揚げて、挑戦し、達成する過程を楽しむ。

微差の積み重ねによって、年齢による身体の劣化でなく、

より充実した身体を手に入れたいですね。