湘南いけがみ通信

接遇力へのステップ

3月7日 2020年

本日の午前診療は満員御礼。

 

コロナウィルスの影響があるかと思いましたが、

普段バスや電車で通勤されている方や、

パートを含めて社会と関わり、

仕事をお持ちの方はさほど気にされていないご様子。

 

 

最近の午後練習は陸上競技場。

 

競技場の雰囲気にもすっかり慣れて、

違和感なく競技場の一部に溶け込んでいるような気がします。

 

人は何度か通うと、徐々に場に慣れますが、

初めての病院、飲食店、セミナーなども、

初体験は少し緊張。

 

 

当院にお見えになる、新患の患者様も同じこと。

 

痛みをどう伝えれば良いのだろうか。

トイレはあるのかな。

料金体系は。

どのような治療をするのだろう。

などなど。

 

きっと漠然とした不安を抱えてお見えになると思います。

 

 

不安に思うだろうことを想像して、先回りしてご案内する。

 

施術はもちろん、施術以外でのストレスや不安要素をできる限り取り除きたい。

 

 

ラーメン屋さんも美味しいだけではリピートしません。

入店してからウロウロすることがなく、

ストレスなく笑顔で案内されて、

トイレ掃除も行き届いて、

店員さんもみんな元気、

そして、肝心のラーメンが美味しい。

 

そこまで出来てやっと次回も来ていただける。

 

お客様は、というか私も同様に、お店の評価はトータルで決まります。

 

まだまだ接遇する力が足りず、

患者様に余計なストレスを与えてしまうことばかりですが、

相手の立場になることに、少し気づけたような気がします。

 

これで良いというゴールはありませんが、

施術No1はもちろん、

清潔感と接遇力No1も目指したいです。

 

ザ・リッツ・カールトン。

清潔感、接遇力、そして居心地。

一流のホテルには、学びが沢山ありそうですね。