湘南いけがみ通信

足慣らしのステップ

4月5日 2020年

本日は朝から非常に良い天気。

行楽日和ですが、いまのところ高速道路の混雑はないようです。

 

横須賀市でも、近隣の運動公園が閉鎖してしまい、

野球場、テニスコート、そして陸上トラックも閉鎖。

休日の早朝に通っていた陸上トラックともしばらくお別れ。

 

道路を走るRunはあまり制約がありませんが、

昼間は部屋でエアロバイク。

夜間は帰宅Runが続きそうです。

 

 

このような状況では、行動に変化も見られます。

 

最近皆様と話をしていると、

街にでられないので、山登りを始める方が多いようです。

山頂でお湯を沸かし、カップラーメンを食べている方も。

ここ三浦半島は、初心者向けの山登りが楽しめ、

ランドネという、女子向け登山雑誌にも良く紹介されています。

 

 

今日はこれから半日ハイク。

お弁当を持って出発です。

湘南国際村から大楠山を経由し、ゴールは衣笠山の桜。

約3時間程度の道のりでしょうか。

GWに八ヶ岳を登るための足慣らしですが、

この状況ではGWは、近隣の登山程度かも知れません。

 

 

誰しも先行きが見通せず、

目先に捕らわれてしまい易いですが、

少し中長期の視点を持つコトも重要です。

 

 

私としては、一人思考する時間を確保して、

短期、中期、長期の経営を想定し、

いまからできる準備を淡々と行います。

 

自分にできるコトは限られますが、淡々と積み重ねるだけ。

 

もうしばらくは自粛モードですが、

高く飛ぶには、一旦身体を屈める必要があります。

いまはじっくり力を蓄えて、明るいニュースを待つとしましょう。