湘南いけがみ通信

良書へのステップ

6月10日 2020年

本日午後も引き続き、エアロバイクをひたすら回す。   

どうなるのか分からないマラソン大会ですが、

いまは追い込み過ぎず、ほどほどに。

あまり疲労してしまうと、

事務作業や勉強の効率が落ちてしまいます。

 

6月に入り、いままで自粛していた多くの患者様からの連絡があり、

予約枠が埋まるようになりました。

感謝の気持ちで、精一杯治療させていただいていますが、

現在、混み合わないように予約制としているので、

ご希望の日時にご案内できるとは限らず、

皆様にはご不便をおかけしています。

 

まだまだ予断を許さない状況が続いていますので、

もうしばらくは予約制や、院内の清潔環境を優先した対策が続きます。

 

また、お迎えする私達も良い治療を提供するために、

常にベストな体調と気持ちを維持する努力をしています。

 

その為に必要な一つは良書を読むこと。

心に栄養を与えることだと思っています。

 

毎月購読している『致知』ですが、

著名人はもとより、

ごく一般の方の大変な苦労をされた投稿文を読むことで、

恵まれた自分の現在の状況や、

患者様(お客様)への感謝の気持ちを改めて思うところです。

 

『有り難い』がつい鈍感になって、

『当たり前』になってしまわないよう、

時々、一人静かに良書に触れることが、

怠慢にならない毎月の儀式となっています。