湘南いけがみ通信

量から質へのステップ

7月16日 2020年

昨日は午後から雨もあがり、

お馴染み競技場のトラックでスロージョグ。

 

朝食以降、糖質の補給はせずに、バターコーヒーとナッツのみ補給。

じっくり2時間走り込んできました。

 

1時間を過ぎる頃に、患部の痛みを感じてしまいますが、

スロージョグで粘って走り切る。

 

途中、地元中学と高校生の陸上部員がやって来て、

1時間あまり、しっかり追い込んでいました。

正直うらやましい。

若い人の回復力は素晴らしいですね。

 

クタクタになるまで練習しても、

明日、またクタクタになるまで練習できるほどの回復力。

 

私の場合、キツイ練習は週2回。

その2回の練習の目的をハッキリと自覚し、

集中して取り組む。

 

年齢的にも練習の量をこなせない限り、

練習の質を高めないと成果が上がりません。

 

ガムシャラが通じる年代とは明らかに違う戦略。

 

練習内容を工夫する余地は沢山あります。

限られた時間を有効に使うことを最優先するようにもなりました。

 

いま行っている、糖質制限からのケトン体質への変換。

生涯の趣味として、仕事に通じるものもあり、

もっと深く、オタクレベルまで掘り下げていく過程が楽しい。

 

量から質への転換。

 

常に高い意識を持っていないと、

仕事の質も上がらないですね。