湘南いけがみ通信

来年は絶好調へのステップ

9月16日 2020年

今日も引き続き午前診療後にジムでランニング。

本日のランニングメニューはペースラン。

 

あまり練習時間が取れなかったので、

練習時間を短く、質の高い練習に切り替えて、

目標とするスピードから80%くらいで12 km追い込みました。

ランニングマシンは非常にクッション性が高いので、

患部の着地衝撃もさほど気にならなく、

比較的良いペースで練習できました。

 

今秋はロードと陸上競技場、そしてジムを併用し、

充実した練習ができそうです。

まだまだ先は長いので、足と相談して故障しないように、

注意深く患部を観察していきます。

 

先日、細木かおりとゲッターズ飯田の書籍が届きました。

私にとってはどちらの本も来年は絶好調。

すべての面において、

攻めの姿勢を意識する方が結果が出やすいようです。

 

先送りしていたこと。

温めていたアイデア。

何をするにしてもリスクというものはありますが、

慎重に少しずつ前に進んで行けそうな令和3年となりそうです。

 

運の勢いがある時に計画を実行に進めたほうが結果は出やすいです。

 

これらの本にすべて頼っているわけではありませんが、

行動の指針としては、悩む時間が少なく、決断しやすくなります 。

 

私のような自営業者は 毎月決まったお給料を頂いてるわけではなく、

さらに体が資本なので、絶えず体調を管理し、

常にベストな状態で患者様をお迎えする姿勢を続ける必要があります。

 

正直なところ開業するまではそこまで健康管理に気を使っていませんでしたが、

開業後はすっかり健康オタク。

 

心と体の状態を常に良い状態で維持し、

良い治療を提供できるよう、

日々 自己研鑽を続ける次第です。