湘南いけがみ通信

基礎体温アップへのステップ

10月7日 2020年

本日も引き続き午前診療後、ジムでランニング。

以前は雨天の時はトンネルを走っていましたが、

今は快適な環境でトレーニングをしています。

 

本日のメニューはビルドアップ。

ジョグペースから時速15 km まで徐々にペースを上げていきます。

 

今日は量より質。

1時間ほど追い込んで、シャワーを浴び帰宅。

先週末はかなり追い込んだので、

今日は早めに休んで超回復に努めます。

最近のテーマは『疲労回復』。

このテーマについてかなり書籍を読み込んでいますが、

数冊読んでいるとだいたい共通点は決まっています。

 

睡眠。

食事。

運動及び体の使い方。

上記の勉強をして実践しています。

さらに加えて関心が高いのは『基礎体温』。

春先から毎朝体温を計測していますが、

35.9℃から36℃あたりが平均値。

プラス0.5℃を目標に体質を改善していこうと思っています。

様々な書籍を読んでみると、

湯船につかる。

運動習慣の結果、基礎代謝を上げる。

冷たい食べ物を摂取しない。

生姜など体が温まる食べ物を積極的に摂取する。

だいたいこの辺り。

 

私は内臓に負担を掛けないよう、ビールも常温で飲んでいます。

若干切れ味に欠けますが。。。

 

実行すべきは湯船に浸かること。

帰宅時間が遅いためシャワーで済ますことが多いのですが、

ようやく先日から湯船に浸かる習慣を始めています。

 

すぐに基礎体温が上がるわけではありませんが、

習慣化することで、37℃を長期目標に基礎体温を上げるよう、

体質を変え、数年かけて成果を出したいと思っています。

 

基礎体温が1℃上がると免疫力は約20%アップ。

疲れにくい体。

そして病気になりにくい 体。

野菜にも冷やす野菜と温める野菜があります。

夏野菜中心の生野菜サラダは体を冷やすと言われていますので、

これからの時期は体を温める、

旬の根野菜を積極的に摂取したいですね。