湘南いけがみ通信

スマホに話しかけるステップ

11月11日 2020年

本日はRunの休息日。

午後は自宅で仕事とその他雑用。

 

急ぎの仕事以外はほどほどにして、湘南マラソンのゴール地点に向けて戦略を練る。

このままで良いのか。

修正が必要なのか。

今の実力を客観的に評価してみる。

 

結果、今月下旬に5 km のタイムトライアルを実施。

18分以内ならサブ3の見込みあり。

走れなければ目標修正か、練習内容のプラン見直し。

 

5 km は18分以内。

10 km は38分以内。

ハーフは1時間25分以内。

 

サブスリーランナーの持ちタイムを平均化すると、

上記のような結果となる。

5kmに20分かかっているようなら現状の実力では見込みなし。

まずは 今月中に5 kmトライアルで関門を抜けたいところ。

 

今の入力方法はスマホのGoogleドキュメントに話しかけている。

句読点と改行ができないので、まずはどんどん話しかけ、

PCに同期された文章を後から校正して体裁を整える。

オフィスや公衆の場では音声入力はかなり恥ずかしいが、

自宅の部屋にこもっていればとても良いツール。

最近はかなり慣れてきたたが、こうした取り組みを始めたのは、

勝間和代さんのメルマガを購読し始めてから。

 

このように頭で内容を整理しながら音声入力をするトレーニングを続けることで、

移動中や歩きながら音声入力ができるようになることが中期目標。

最終的には、ゆっくりジョギングペースで音声入力を行いたい。

 

走ったあとの感想と違い、

走っている時の感覚を言語化することで、

もっと自分を客観視できるものかもしれない。