湘南いけがみ通信

かのとうしへのステップ

12月20日 2020年

おはようございます

先週の 湘南マラソン中止から失意の中にあり、

なかなかモチベーションが上がりませんでしたが、

昨日はジムで 軽く90分ランニング。

この様子では 4月のかすみがうらマラソンも中止の公算が大きいと思われます。

春になり 暖かくなれば コロナも少し落ち着きを見せると思いますが、この冬は最強となるのしょう。

大会の目標もなく、追い込み過ぎて体力向上とは逆に免疫力を落とすのも良くなく。

この冬は体力をキープする程度の練習になるかと思います。

今冬はじっくりと足作り。

ゆっくりペースで 長時間じっくり走り込む。

これを春まで続け、後は状況次第で来季の大会予定が決まります。

モチベーションは落ちていますが、やめてしまうと1からの足作りになるため、

来たるべき来季の大会に向けて、約半年に渡る基本的脚力の維持と強化。

 

さて明日は冬至となります。

我が家は1日早くゆず湯の準備。

どうやら今年の冬至は特別らしくグレート・コンジャンクションが紹介されていました。

検索すれば詳細が分かりますが、周期の違う木星と土星が大接近して重なり合う状態になります。

ベストは冬至の夕方、日没直後あたりらしく、肉眼でも南西の空を見上げると見えるようです。

明日の夕刻は仕事中なので、今日の夕方南西の空を眺めて、天空に思いを馳せたいと思います。

ただ、グレートコンジャンクションはあまり歓迎すべき状態ではないらしく、

前回のグレートコンジャンクションでは米国と中東の緊張が始まり米国の 9.11テロにつながったようです。

しかも今回の大接近は何と約800年ぶり。

性格の違う木星と土星が大接近することにより、

社会の構造や考え方が大きく変わるのではないかと言われています。

 

さらに来年は丑年の、かのとうし。

かのとうしは、地震などの災害が起こりやすいとされているようです。

したがって来年はビジネスとプライベートにおいても、しっかりと舵取りをする必要があります。

その時の判断によるのが占いばかりではなく、

自分の直感、そして時流を読むような能力が必要となります。

直感を高めるため、常に 頭をクリアに、

体調面においてもコンディションの良い状態をキープし、

運動・食事・休息の三角形を中心とした、

生活面全般においての自己管理能力が問われるところです。

 

少し後ろ向きなブログになりましたが、何事も準備と段取り。

狼狽することのないよう、しっかりと準備です。

感性を研ぎ澄ませ、自分の直感を信じて、丑年の荒波を乗り切りたいですね。